創業者として

思い立ち

社会福祉法人天寿会理事長・諸隈正剛

私が医学部2年生の時、父が脳卒中で倒れて約10年間寝たきりのまま昭和47年に逝きました。

その間わたしは、父の「体の不自由さ、悔しさや、いらだち、もどかしい」気持ちと母の「家計のやりくりと父を介護する苦労」を見るだけでした。当時日本は施設入所も数年待ち、在宅サービスも無いに等しい状態でした。私は学生の身分であり、卒業しても最初は無給医局員時代があり、父母に対して充分な支援はできませんでした。昭和49年に開業し、地域の人たちとの関わりの中で「医療を提供することと介護の必要性」を強く感じ特別養護老人ホームの設立を決断しました。

設立時の理念は、地域の人たちから「年とってからの、俺たちの別荘たい」と言われるような施設を創りたいという決意でスタートしています。その意思は継続しています。

設立後のいろいろ

ニーズを大切に

昭和53年に天寿荘をオープンしていますが当時ショートステイ・デイサービス等の在宅サービスは制度化されていませんでした。地域のニーズを感じとり細々ではありましたがショートステイやデイサービスの制度化以前から実行しました。

ISO

平成15年よりISOを取得し、サービスの質向上、平準化に努めています。

低所得者対策

利用者負担が困難な人に対して、地方自治体と協力・または法人単独で利用者の自己負担の減免を実行しています。

みどり一本バザー

「天寿荘みどり一本バザー」は昭和57年より毎年創立記念祭に合わせて行い、バザーの益金は全額UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)を通じ、窮地にある方々の救済に使われます。平成27年までの送金累計は19,725,705円となっています。

インドネシアから介護福祉士候補生の受け入れ

日本とインドネシアとの間で経済連携協定が結ばれ、介護福祉士候補生の受け入れができるようになりました。優秀な人材を求め、これもサービスの向上につながっていくと確信しています。

「高齢者の筋力向上トレーニングプロジェクト」

平成16年5月から1年間かけて、佐賀大学医学部社会医学講座予防医学分野、同地域国際保健看護学講座、佐賀大学文化教育学部スポーツ科学講座との共同研究を行いました。その結果、筋力トレーニングが高齢者の介護予防に効果のあることが立証され、天寿会ではデイサービスに筋力トレーニングを取り入れています。

  • 天寿会HOME
  • 天寿会について
  • 組織沿革
  • 創業者として
  • グループ紹介
  • 取り組み
  • 天寿会事業内容・問合せ先一覧
  • 採用情報
  • アクセス
天寿会だより「ほっとらいん」
  • お問い合わせ・資料請求
  • 個人情報の保護について
  • 法人情報公開について
  • サイトポリシー
  • サイトマップ
  • リンク
  • 多久市まちづくり交流センターあいぱれっと
天寿会では全施設全事業所でISO9001認証取得を達成しました
SSL グローバルサインのサイトシール